実るほど頭を垂れる稲穂かな

農業と共にあれ

雑記

うなぎの四代目高橋屋(埼玉県杉戸町)

投稿日:

埼玉県北葛飾郡杉戸町に歌舞伎役者に好まれる、おいしい鰻屋さんを発見しました。

店名は:四代目高橋屋

〒345-0036 埼玉県北葛飾郡杉戸町杉戸3-10-6

最寄りの駅は東武動物公園駅東口です。駅からの人通りは休日でもとても少なくお店がガラガラなんじゃないかと思いますが、実際にお店に行くと必ず待ちになります。法事などもできる造りになっているのでとっても雰囲気の良いお店です。

特上うなぎ:3900円

江戸時代、埼玉県・杉戸は多くの旅籠(はたご)がひしめく宿場町として知られていた。『うなぎ割烹 四代目高橋屋』(以下、『高橋屋』)は、初代が旅人のために家の近くで獲れるうなぎをふるまい、「うなぎの天ぷら」を考案して評判となったのが始まり。

二代目が『高橋屋』を名乗って店を拡大し、三代目が室町三井家によって設立された名割烹『松の茶屋』で修業して現在の料理のベースを確立した。

銀座店は、2021年にオープン

場所は「歌舞伎座タワー」から徒歩1分ほどのビルの4階。建築家・黒川紀章氏の愛弟子である松井大輔氏の設計による店内

銀座店

〒104-0061 東京都中央区銀座4丁目12−1 VORT銀座イーストⅡ 4F

松本幸四郎・市川染五郎父子から贈られた開店祝いの花からもわかるように、『高橋屋』は歌舞伎界に熱烈なファンが多いことでも有名。埼玉県・杉戸の本店から歌舞伎座に届ける「うな重」は年間数百食分にものぼる。明治座でも歌舞伎の公演がある時は、歌舞伎座、杉戸の本店、明治座と二往復することもあるという。二代目・市川猿翁(えんおう)は、高橋さんを自宅に呼んで料理を作らせたこともあるほど。

-雑記

Copyright© 農業と共にあれ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.