実るほど頭を垂れる稲穂かな

農業と共にあれ

「お米」 一覧

倒伏稲刈り−コンバインの性能で楽に稲刈りできる

2020/09/20   -お米

倒伏(とうふく)した稲刈りをスムーズに行うには、コンバインの性能で楽に稲刈りが出来ることをご存知ですか? 202年の稲はほぼ倒伏(とうふく)倒れた稲になってしまいとても通常の稲刈りができません。すぐに ...

田植えはラクウェルの整地ローターでとっても楽になりました:2020年

2020/05/02   -お米

田植えはラクウェル RACWEL(ZP55N)2年前ぐらいに購入したばかりなのでまだまだピッカピカです。 ウチがもっている田んぼサイズでは、5条植えの(5列づつ植える)田植え機で十分です。 代掻き後の ...

代掻きは米作りの下準備で大事な作業2020年

2020/05/01   -お米

2020年もコロナウィルス感染で外出自粛が要請されて街から人が少なくなり大変の年になっております。GWには近所のホームセンターも休業するので農業従事者にとって、何かあったときの頼みのつながなく心細いで ...

播種苗作りは手動から自動へ2020年

2020/04/13   -お米

育苗作り(苗箱に土を入れる) 今回は苗作りをシェアしたいと思います。苗箱は去年田植え時に使用したものを軽く洗って準備します。苗箱の底には、肥料袋をカットして配置します。これで根が外に出ないようにします ...

田起こし1回目はじゃがいもの大きさに荒起し

2019/12/28   -お米

稲刈りを9月に終えて来年の田植えに向けて、田んぼを準備します。 すでに、稲株も伸び切っていたのでバロネスでカットしました。これは、土の中に藁を入れ込んで田んぼの栄養素として吸収してもらう目的と、代掻き ...

荒起し前の稲株処理はバロネス(BARONESS)

2019/12/15   -お米

2019年も稲の収穫が終わり、来年に向けて田んぼを田起こし(3回)して、GW前後の田植えの下準備に入ります。 今年のチャレンジ試したいこと 代掻き後の水面に浮く藁をローキで取除く作業はしない。 毎年代 ...

2019年稲刈で計量機を購入「タイガーカワシマ」製

2019/09/23   -お米

2019年の稲刈シーズンが始まり今年も籾摺りの重労働がとても嫌で仕方ありませんでしたが、籾摺りを少しでも楽に出来るようおばあちゃんが計量機を購入していただきました。 タイガーカワシマ製のパックメイトで ...

稲刈りの水分量と籾摺りが一番気になる2019年

2019/09/15   -お米

稲刈りは水分量が大事だよ 2019年令和元年としてはじめての稲刈りが始まりました。台風15号が通過して千葉県などでは、鉄塔が倒れて大規模停電が発生するのなど、甚大な被害をもたらした台風が通過した後の稲 ...

苗箱づくりはうすまきオート播種機

2019/04/22   -お米

種まきの時期がやってまいりました。田植えをGW前後に実施する為に苗箱で苗を栽培するべく毎年4月中旬に種まきを実施しています。 SUZUTEC うすまきオート播種機HK207KB 種まき機器はこちらです ...

トラクター

トラクターの田起こし2回目もPTOは1です

2019/02/02   -お米

田起こし2回目です 今回は、米作りの為に冬の時期にトラクターを3回、田んぼを耕します。毎年のことですが、昨年は刃の回転数やトラクターのスピードについていつも忘れてしまうので備忘録を兼ねてシェアしたいと ...

Copyright© 農業と共にあれ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.