実るほど頭を垂れる稲穂かな

農業と共にあれ

雑記

獺祭(だっさい)飲み比べセット180ml

投稿日:

獺祭はすべて純米大吟醸です。

今回は、日本酒のお試しセットを購入したので、日本酒レビューになります。

今回購入したのは、「獺祭」です。1992年ごろから販売を開始した新しいお酒ですが、安倍晋三首相がオバマ大統領に振る舞ったり、ロシアのプーチン大統領にもふるまったりと、世界的に人気な日本酒です。

また、これまで日本酒づくりの常識を覆す「杜氏」の職人の感覚をすべて数値化(データ)にして経験の若い社員でも、品質を落とさずに生産出来る手法をとり安定した味わい風味が楽しめます。

今回は、人気の獺祭にてお試しせと、180mlの3本セットを購入しましたのでご紹介します。

獺祭のパッケージ正面

今回は、通信販売の楽天市場にて購入しました。3本セットで2860円です。こちらが箱になります。

箱をあけると、3種類の獺祭の説明が記載された紙が同封されています。

純米大吟醸:磨き2割3分

23%(77%)という極限まで磨いた山田錦を使い
最高の純米大吟醸に挑戦しました。
華やかな上立ち香と口に含んだときのきれいな蜂蜜のような甘み、
飲み込んだ後口はきれいに切れていきながらも長く続く余韻。

二割三分は、いちばんスッキリとした味わいです。風味に関してもとても際立った香りが漂い、男性女性ともに好きなお酒じゃないでしょうか。

日本酒初心者の私でもスッキリとキリッとした感じを受けました。

純米大吟醸:45

「美味しくなければ意味がない」
獺祭のスタンダード。
山田錦を45%まで磨いた、米由来の繊細な甘みと華やかな香り。

今回の3本の中で1番香りが立っている日本酒でした。初心者の私が1番おいしいと思ったお酒です。

純米大吟醸:磨き三割九分

華やかな上立ち香と含んだときに見せる蜂蜜のようなきれいな甘み。
飲み込んだ後の長い余韻。
これぞ純米大吟醸。

45と二割三分の中間でとても風味もしっかりとしていて、飲みやすいお酒でした。

今回飲み比べた3種類はどれも、風味がたっていてとても香がよかったのが印象的です。そしてお米を1番磨かれた二割三分のお酒はキリッとした感じを受けました。

旭酒造株式会社

山口県岩国市周東町獺越2167番地4

電話番号:082-86-0120

旭酒造株式会社では、売上の一部を寄付されているようです。模範的な会社経営が見受けられます。経営者としての手腕もさることながら、このおいしいお酒を杜氏なしで、すべてデータ化されて運営しているのは並大抵の努力ではありません。 この運営スタイルを貫けば今後の数十年は盤石ではないでしょうか。

とても美味しかったお酒です。家の米作りにもとてもいい刺激を受けることが出来てよかったです。今度は多きサイズの45度を購入したいと思います。

-雑記

Copyright© 農業と共にあれ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.